So What?

思考の筋トレ...のための読書メモ。

Macroeconomics

#13:菅原晃(2013)『高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学』河出書房新社

一行感想:多分、マクロ現象(国の貿易収支や資本収支の話)とミクロ(企業や業界の競争力の話)を混ぜこぜにすんなよ!という話をマクロ経済学の視点から語った本。だったらマクロ・ミクロって題名にすんなよww。なぜこういう題名なのかイマイチわからない…