So What?

思考の筋トレ...のための読書メモ。

村上春樹

#12:村上春樹(2012)『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 』文藝春秋(文春文庫)

村上春樹初のインタビュー本。 580ページもある。正直長過ぎかな。インタビュアーによって重複する質問もかなりあって、純粋な読み物としては微妙な本。ただ、大塚英志や宇野常寛が村上春樹に関して言ってることと左程矛盾する様な内容を春樹が答えている訳…

#7:村上春樹(2013)『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』文藝春秋

今更ながらに読んだ春樹の長編。 これまで、一応村上春樹の全ての長編は読んできたけれど、『1Q84』(特にBOOK3)がイマイチだったこともあって、読まずに放置していた作品だった。ふと思い立って読んでみたら意外と良くて思わず2回も読んでしまった。…

#3:助川幸逸郎(2013)『謎の村上春樹』プレジデント社

春樹文学の解説本。 読み物としては軽い文体で非常に読み易かった。要旨としては以下の通り。 ・春樹の小説は「体験型アミューズメント」だ →思想や主張を打ち出すタイプではない →みずから体験して初めて価値が生まれるもの ・春樹は日本の純文学小説の2つ…