So What?

思考の筋トレ...のための読書メモ。

*Business Administration Studies

#11:平尾勇司(2008)『Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方』東洋経済新報社

少し前に、楠木建(2010)『ストーリーとしての競争戦略』東洋経済新報社、を読んだ。 まだ、このブログに書評は書いていないのだけど、かなり面白かった。評価としては星4つといったところか。『ストーリーとしての...』の特徴は、戦略のあるべき姿が動画…

#2:戸部良一他(1991)『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』中央公論新社(中公文庫)

最近、思うところがあり、久しぶりに読み返した。 読みながら、なんども吹き出しそうになった。なぜか?今眼の前にある現象を言い当てられているような気がしたからだ。皮肉な話ではあるが、名著の持つ普遍性というものを図らずも体験したような感じであった…