So What?

思考の筋トレ...のための読書メモ。

2015-05-07から1日間の記事一覧

#15:小島寛之(2004)『文系のための数学教室』講談社(講談社現代新書)

本書は、数学を好きになるための本。好きこそ物の上手なれというように、何かを学ぶためには、それを好きになることが一番である。 つまり本書は、文系の人間がつまづくであろうハードルの部分を低くし、数学の世界へと誘う本といえる。 目次 序章 棒グラフ…