So What?

思考の筋トレ...のための読書メモ。

#16:トゥルニエ,ミシェル(2009)『フライデーあるいは太平洋の冥界』(世界文学全集 2-9)河出書房新社

「『ロビンソン・クルーソー』の20世紀版があるらしいよ」とだいぶ前に教えてもらって、頭のどっかで引っかかっていて「機会があれば...」と思っていた。先日、紀伊国屋のじんぶん屋のブックリストの中に、本書が入っている事を知り、ならば、と手にとった。

www.kinokuniya.co.jp

「戦士マルスは自分の孤独に気づいたのだ。彼は洞窟の奥に引きこもって、そこで自分の根源を再発見しようとする。ところが、こうして大地の真っ只中に入り込み、自分自身の奥底で旅をなしとげて、彼は別の人間になった」*1

冒頭に出てくる船長のこの予言が、本書の簡潔な要約になっている。

本書は、ダニエル・デフォーの『ロビンソン・クルーソー』を下敷きにして書かれている。デフォーが「ロビンソン」を書いたのは18世紀、そしてトゥルニエが「フライデー」を書いたのは20世紀だ。かつては無邪気に信じられていた「進歩と文明」の価値転倒を狙った思想小説。

ただ、共通点もある。

大自然に投げ出され、それなりに苦労もするが、文明人らしい生活を作り上げていく。自然の驚異や野生との共存といったテーマが描かれ、野性(採集・狩猟)から、文明(開墾・収穫)への歩みがストーリーのベースラインであり、遭難してから島を開拓するところまで同じような展開になる。フライデーが登場するまでは...。

描写の面ではセックスや狂気が強調されていて、ヨーロッパで啓蒙思想が主流となっていた17世紀後半から18世紀にかけての「理性の時代」の作品では、恐らく考えられない描写になっている。まるで現代が性と狂気がぶっちゃけられた時代であるかのようだ。

従来のロビンソンは、自然に還るのだから野性化してもよさそうなのに、まるで"観客"がいるかのようにふるまっていた。理性を保っていた。

しかし本書のロビンソンはとても切実だ。島とのセックスをくそ真面目に日記に書いたり、その日記にイザヤ書62:3〜4*2の引用をつけていたりする。*3

更に、もともと"観客"はおらず、性の相手もいないのだから、ロビンソンが島と交合するところは、読み手が"笑う"所なのだろうがロビンソンが独りでそんな事しているのはとっても痛々しく、切実で狂気じみている様に描かれている。

さて、フライデーが登場してから話が更におかしくなってくる。

この若者、ロビンソンの言うことをぜんぜん聞かないのだ。勤勉さや文明、労働の価値といったものをまるで受け付けない。どころか、そういった権威を笑い散らかして、茶化そうとする。開墾地や貯蓄物を台無しにする一方で、超人的な力を発揮して野生動物を仕留めたり、ロビンソンには考えもつかないような"遊び"を実現する。

フライデーの「笑い」により、ロビンソンが大事に持っていた権威は破壊される。西洋文明の権威とは暴力であり、武器だ!と言わんばかりに、爆薬が文字どおり大爆発して木っ端微塵になる。

島じゅうが灌漑、牧場、耕筰地だらけになり、麦は貯蔵庫から溢れんばかりになり、ヤギは飼いきれないほど殖えまくる。それでもなお、収穫し、簒奪し、貯蔵する。自らの努力のむなしさに気づきつつ、努力をやめようとしないロビンソンは、かなり滑稽に見てしまう。

そしてロビンソンは完全に変わってしまう。わたしたちが知っている文明の代表者の面を捨ててしまう。そして当初の予言「旅をなしとげて、彼は別の人間になった」が成就するのだ。

また28年間を過ごした後、帰国するはずのロビンソンが本作では帰国をやめ、島に留まる。

フライデーあるいは太平洋の冥界/黄金探索者 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-9)

フライデーあるいは太平洋の冥界/黄金探索者 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-9)

意味の論理学 下

意味の論理学 下

完訳ロビンソン・クルーソー (中公文庫)

完訳ロビンソン・クルーソー (中公文庫)

*1:p.6

*2:62:3 あなたは主の御手の中で輝かしい冠となり、あなたの神の御手の中で王冠となる。 62:4 あなたは再び「捨てられた女」と呼ばれることなく、あなたの土地は再び「荒廃」と呼ばれることはない。あなたは「望まれるもの」と呼ばれ、あなたの土地は「夫を持つもの」と呼ばれる。主があなたを望まれ、あなたの土地は夫を得るからである。

*3:p.108

#15:小島寛之(2004)『文系のための数学教室』講談社(講談社現代新書)

本書は、数学を好きになるための本。好きこそ物の上手なれというように、何かを学ぶためには、それを好きになることが一番である。
つまり本書は、文系の人間がつまづくであろうハードルの部分を低くし、数学の世界へと誘う本といえる。

目次
序章 棒グラフで微分積分読解術
第1章 日常の論理と数学の論理
第2章 「距離」を規制緩和する話
第3章 民主主義を数学で考える
第4章 神の数学から世俗の数学へ
終章 数学は<私>の中にある

内容は目次にならって書くと以下のとおり。
序.学校では習わない微分積分微分積分の「読み方」について。
1.昨今の流行、論理的な思考について。
そもそも論理的とはどういうことなの?「シンタックス」と「セマンティクス」。数理論理学を用いて解説。
2〜3.民主主義とか宇沢弘文の話(正直イマイチだった)
4.パスカルは、確率論を用いて神の存在を証明?
現代の確率論は格段に進歩したが、その最たる理論であるブラック=ショールズを中学生レベルの数学で説く。
5.数学的感覚は、われわれの中にすでに潜んでる。

入り口から先は難しいが自分で探すことになるだろう。当たり前の話だが、本書ぐらいのレベルを理解できるのは全然違う。例えて言うなれば、音楽を聴いて楽しむのと演奏できるぐらい違うだろうか...。当たり前の話だけれど、これより前に進みたければ自分で手を動かすしかないのだ。

文系のための数学教室 (講談社現代新書)

文系のための数学教室 (講談社現代新書)

#14:コーエン,タイラー(2009)『インセンティブ−自分と世界をうまく動かす』(高遠裕子訳)日経BP社

経済学、とくにミクロ経済学への関心が再燃してきたので本書を手にとった。この本、実は出た当初に一度読んでいて、面白かった記憶があったので、関心が再燃した記念に再読を試みた。
というか、マンキューの経済学をタラタラ読み始めていて、経済学の10大原理の説明を見ながらそう言えば...という事で本書の存在を思い出したのだ。

ついでなので、経済学の10大原理を列挙しておこう。

経済学の10大原理
□人々はどのように意思決定するか
1.人々はトレードオフに直面している
2.あるものの費用はそれを得るために放棄したものの価値である
3.合理的な人々は限界原理に基づいて考える
4.人々は様々なインセンティブに反応する
□人々はどのように影響し合うのか
5.交易は全ての人々をより豊かにできる
6.通常は市場は経済活動を組織する良策である
7.政府は市場のもたらす成果を改善できることもある
□経済は全体としてどのように動いているか
8.一国の生活水準は財・サービスの生産能力に依存している
9.政府が紙幣を印刷し過ぎると物価が上昇する
10.社会はインフレと失業率の短期的なトレードオフに直面している

さて、本書の原題は“Discover Your Inner Economist”だ。表題どおり「内なるエコノミスト」について書かれたものだ。「インセンティブ」を「人々に何らかの行動を促す要因」とするなら、「内なるエコノミスト」はそのひとつと言えるだろう。ただ、「インセンティブ」について知りたい場合は期待外れに終わる。また、良い経済学と悪い経済学を見分けるポイントとして
1.ハガキ大にまとめられるか?
2.おばあちゃんに理解してもらえるか?
3.「あっ、そっか」を感じる原則であるか?
と著者自身が挙げているが、正直どれ一つとして満たされているとは言い難く、文章や説明は冗長だ。ライトな経済学エッセイとして読むなら良いのかもしれないが...。

読了日:2015/5/4
レート:★★☆☆☆

インセンティブ 自分と世界をうまく動かす

インセンティブ 自分と世界をうまく動かす

#13:菅原晃(2013)『高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学』河出書房新社

一行感想:多分、マクロ現象(国の貿易収支や資本収支の話)とミクロ(企業や業界の競争力の話)を混ぜこぜにすんなよ!という話をマクロ経済学の視点から語った本。

だったらマクロ・ミクロって題名にすんなよww。なぜこういう題名なのかイマイチわからない。そして説明が一見上手そうで、ちっともうまくない。なので、ちょいちょいつまってしまう。
ただ、貿易黒字と貿易赤字の意味すること、経済成長にはほとんど関係ないこと、そもそも普段使う黒字や赤字とは全く意味合いが違うことなどが解説されている。世の中の経済現象を知ったかぶりで語ってくる人の間違いを指摘するにはこの本の知識で十分だと思う。

暇な時に再読すっかな。

目次
第1章 GDP三面等価
1.GDP・GNPとは
2.名目GDPと実質GDP
3.GDPは所得総額
4.ISバランス
5.ISバランスから言えること
(1)国の借金
(2)貿易黒字
コラム:アメリカは貿易赤字

第2章 企業の赤字と貿易赤字の違い
1.会計表
(1)企業の損益計算書
(2)国際収支表
2.国際収支表はどのように作られるのか
3.貿易黒(赤)字の意味

第3章 貿易黒字について
1.経済成長と貿易黒字
2.不況で貿易黒字増
3.日本は貿易赤字国に「転落」?
4.貿易はゼロサム・ゲームではない
5.貿易黒(赤)字に意味はない

第4章 リカードの「比較優位論」
1.貿易の拡大
2.日常生活は貿易
3.得意分野に特化
4.比較優位論は、単純かつ難解
5.特化
(1)「貿易の利益」の証明
(2)絶対優位と比較優位
(3)比較=三角形の傾き
(4)輸出増=輸入増
(5) リカード・モデルは、
消費者利益>生産者利益

第5章 国債について
1.日本の国債金利が低いわけ
(1)債券価格と金利の関係
(2)国債の購入
(3)デフレ下の企業行動
2.財政破綻
(1)日銀の国債購入
(2)国債価格暴落への対策
(3)将来の見通し
(4)懸念されること
(5)金利上昇
(6)インフレ
コラム:ギリシャ債務危機とは

第6章 財政政策と金融政策
1.財政政策とはなにか
2.財政政策・金融政策を検証する(IS-LM分析)
(1)LM曲線
(2)IS曲線
(3)IS−LM分析
3.流動性の罠 現在の日本
4.アベノミクス
(1)金融政策
(2)財政政策

コラム:「空売りとは」
おわりに

読了日:2015/5/3
レート:★★★☆☆

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学

#12:村上春樹(2012)『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 』文藝春秋(文春文庫)

村上春樹初のインタビュー本。
580ページもある。正直長過ぎかな。インタビュアーによって重複する質問もかなりあって、純粋な読み物としては微妙な本。ただ、大塚英志宇野常寛村上春樹に関して言ってることと左程矛盾する様な内容を春樹が答えている訳ではないので、春樹に関心のある人は改めて春樹の口から物語の構造やコミットメントについて彼の考えを聞ける内容になっている。

あと、先日書評した、助川幸逸郎(2013)『謎の村上春樹プレジデント社の下記内容についても本書で春樹自身がその主張とほぼ同じことを言っている。まぁ、繰り返しになるが本書は改めて春樹の口から自分の小説について聞くというもの。それ以上でも以下でもない。

・春樹の小説は「体験型アミューズメント」だ
→思想や主張を打ち出すタイプではない
→みずから体験して初めて価値が生まれるもの
・春樹は日本の純文学小説の2つの潮流(私小説=パンクロック派と本格小説=教養主義)には分類できない、スリップ・ストームというサブカル派である

critique.hatenablog.com

読了日:2015/5/2
レート:★★★☆☆

2015年3月4月に読んだ本をブクログでふりかえる

今月から...というか、先日から読書ブログを始め、ブクログにも読んだ本をホイホイのっけていってるので、月が変わったタイミングで読んだ本を振り返ってみる。
というか、改めて一覧にしてみると、たいした本読んでないなww

まぁ、読む→まとめる→アップっていうのはある意味読み書きの筋トレみたいなものだと思っているので、これにへこたれずに続けていきたいと思う。

hidekoponさんの本棚 - 2015年03月 (5作品)
powered by booklog

hidekoponさんの本棚 - 2015年04月 (6作品)
powered by booklog

#11:平尾勇司(2008)『Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方』東洋経済新報社

少し前に、楠木建(2010)『ストーリーとしての競争戦略』東洋経済新報社、を読んだ。
まだ、このブログに書評は書いていないのだけど、かなり面白かった。評価としては星4つといったところか。

『ストーリーとしての...』の特徴は、戦略のあるべき姿が動画であるにもかかわらず、その論理を捉えるはずの戦略「論」はやたらと静止画的な話に偏っていた。よって、「静止画を動画に」というのが本書のコンセプトだ。以下キーワードを中心にまとめると

■競争戦略とは
いかにして他社よりも優れた収益を達成し、それを持続させるか、その基本的な手立てを示すもの。「違いをつくり、つなげる」もの。

■競争戦略の二つの流派
・種類の違い:ポジショニング(SP:Strategic Positioning)
・程度の違い:組織能力(OC:Organizational Capability)

■ルーティンとしてのOCは模倣が難しい
・暗黙性、因果関係の不明確さ
・経路依存性
・OCそのものが時間とともに進化する

■SPとOCでは戦略形成におけるマネジメントの役割も違う
・SP:マネジメントは意志決定者
・OC:マネジメントの競争優位に対する影響力はより間接的

■戦略ストーリーの5C
・競争優位:利益創出の最終的な論地
・コンセプト:本質的な顧客価値の定義
・構成要素:競合他社との「違い」
・クリティカル・コア:独自性と一貫性の源泉となる中核的な構成要素
・一貫性:構成要素をつなぐ因果論理

さて、『ストーリーとしての...』の書評に危うくなりかけているのだけれど、その中で結構なページを割かれて紹介されていたのが、平尾勇司(2008)『Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方』(以下、本書)だ。『ストーリーとしての...』に紹介されている事がきっかけで本書を手に取った。

本書はホットペッパー事業の立ち上げとその展開のストーリーだ。ただの物語ではない。本書は「ホットペッパー」を題材にしながら以下の問いを問うビジネス書。提示されている回答とともに書くと

事業とは何か?
事業は物語だ、勝つシナリオをつくれ

・強い組織とは何か?
→「マーケットと商品と組織をひとつにする*1」こと。そして、「全員で同じことを一緒に一気にやる*2」つまりシナリオが仕組化できている組織が強い組織だ。
その例として、一人一人が「コア商圏・飲食・居酒屋・9分の1・三回連続受注・20件訪問・インデックス受注」と念仏を唱えるように暗唱し、自分の行動がその行動基準から外れていないかを毎日の中で確認できる。

・よいチームとは何か?
チームとしての責任と一体感は一気通貫の組織構造でしか生まれない。
チームワークとはリーダーとメンバーの関係性以上に、メンバー同士の相互関係性が大きく影響する。どのようにチームを設計するかが組織力の鍵だ。

・すぐれたリーダーとは何か?
物語を語る人だ*3

んー、書いてみて、自分の文章ぽくナイwでも、まぁ簡単にまとめるとこんな感じ。あくまでも「ストーリーとして」書かれているので非常に読みやすい。気になったらまた、読み返せば良いのだ。

読了日:2015/5/1
レート:★★★☆☆

Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方

Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方

*1:p.119

*2:p.215

*3:ここについてはpp.222-224またはpp.229-233でかなり熱っぽく語られている